iラインの脱毛を行うにあたって無駄なお金はかけたくない方に毛の周期は把握した方が良いのではないかと思います。毛の周期というのは、4つの周期から構成されており、「成長初期・成長期・退行期・休止期」というものからなります。成長初期は、中から栄養を貰い初めて成長していき、成長期へと移行します。

栄養がストップすると、そのまま外からでは毛は生えているようにみえますが、栄養がストップされているのでこれを退行期といいます。毛が一回抜けると次の栄養がくるまでお休みすることを休止期といいます。

この4つの過程を理解することにより脱毛がしっかり行えるのです。vioラインは毛の後退が1〜2年と言われており、身体の中でも長めと言われています。また、iラインは毛が濃く量が多い部位であり、密集しています。

上記の説明を聞くと、じゃあどんどん照射していけば早く薄くなるのでは?とおもうかたも少なくありません。毛の周期は1本1本がバラバラなのです。

そのため早く行ったとしても毛は一向に減らず効果が半減します。また、脱毛は黒い物体に反応して照射します。成長期であれば、毛根に刺激を加えることにより脱毛ができますが、外からではわからない退行期になった際、毛根には刺激が送ることが出来ずそのまま休止期へと入ってしまうのです。

そして、栄養を貰いまた毛は成長していきます。そのため、iラインに限らずどこの部位も毛の周期というのは非常に重要になってきます。

これを理解せず、行っても効果が半減してしまいます。