デリケートゾーンの肌トラブルの原因には、通気性が悪いことや経血などが毛に付着してしまっていることが考えられています。見た目をすっきりとさせるだけでなく、衛生的に保つためにも、iラインの脱毛は人気の高い部位でもあります。しかし、少し注意したい点があります。

それが、iライン脱毛で毛が残るリスクについてです。お手入れを行うサロンやクリニックによって、対応しているサービス内容は異なります。

その中でも、剃り残しがあった場合の対応は大きく分かれるポイントです。脱毛は前日にお手入れ箇所の自己処理をしていく必要があります。自己処理がきれいにできていれば問題ありませんが、剃り残しがあった場合、無料でシェービングの補助を行ってくれるところもあれば、有料のところや、シェービング補助がない場合もあります。

また他の部位はシェービング補助を行っていても、デリケートゾーンに限っては補助がないという場合もあります。iラインは自分では見えにくい部位でもあるので、剃り残しが起こりやすい部位でもあります。

シェービング補助のないサロンやクリニックの場合、剃り残しの部位を避けてお手入れを行います。そのため、剃り残しがあった部位に関してはお手入れの回数が減ってしまうので毛が残るリスクが高まります。きれいに脱毛を行いたい場合には、シェービング補助などのサービス面をしっかりとチェックして、デリケートゾーンでも補助をしてもらえるようなサロン選びをしましょう。